漢字(楷書)メニュー
楷書の線
楷書のパーツ
楷書のパーツ組み立て
組み立て方のパターン
漢字(行書)
部首別に書くメニュー
へんの書き方(1)
へんの書き方(2)
へんの書き方(3)
かんむり・かしらの書き方
たれの書き方
かまえの書き方
あし・にょうの書き方
つくりの書き方
あし・にょうの書き
字の下部分についているものを「あし」、左と下辺でつくりを囲んでいるものを「にょう」といいます。 いずれも、つくりとの位置関係を守れば、全体としてバランスよく書けます。
※各部首の上の行が楷書、下の行が行書です。
こころ

「心」という字は「楷書のパーツの組み立て」でも取り上げました。各線を関係付けて書きます。 1画目と2画目の左上へのはねを延長していくと三角形ができます。その頂点が全体の字の中心になります。その頂点の真下、中心線上に3画目の点があります。また2画目は浮鵞線を斜めに倒したものです。

基本的な形は楷書の場合と変わりませんが、2画目のはねから3、4画の点を全部つなげてしまうと楽に書けます。

さら

「口」のように両端の縦線は内側に入ります。四角の中の3つの空間は同じにあいて見えるように書きます。

1画目と2画目の間は45°の線が引けるようにあけます。四角の中の3、4画を続ける際、方向を変えるときはきちんと折ります。

したごころ

書き順に注意します。縦線を先に書きます。縦線ははねなくても結構です。右側の点は45°、同じものを2つ書きます。

2画目の左への払いは右下方向への点になります。右の2点は続けると楽です。方向を変えるときはきちんと折ります

したみず

2画目以降はすべて45°です。5画目は直線ではなく、少し、ふくらませた曲線になっています。


2,3画目、4、5画目を続けます。方向を変えるときはきちんと折ります。

ひとあし

2画目は「浮鵞線」です。縦は左へ少しふくらみ、いったんきちんと折って、横は下へ少しふくらませます。はねは真上に向かって。

2画目は柔らかく曲線で書き、はねは左上に向かいます。下の字に続けるために、上へはねずに左斜め下へ向かうこともあります。

れっか・れんが

1画目は短く左へ払いますが、あとの3点は角度、長さとも同一のものです。各点の間は同じに開いて見えるように書きます。左の払いと最後の点を延長していくと、三角形ができます。その頂点が字全体の中心点になります。

左への払いは右斜め下方向への点になり、あとの3点は合わせて横線で書きます。最後はきちんと折って、左斜め下へ払います。

えんにょう・けんにょう

下辺は右斜め上への短い線、右斜め下への長い線、右斜め上への短い払いの3つのパーツからできている「三折の線」です。方向を変える時にはきちんと折ります。つくりは左辺と三折の線の交点より上、三折の最後の払いの始点より左へ書きます。

2画目は折らずに曲線で書きます。三折の線は折らずに曲線で書きます。

しんにょう

左へんは1画目の点のほかに、横線、左下への斜め線、右下への曲線、左下への曲線というパーツからできています。方向を変える時にはきちんと折ります。それぞれは4:3:4:3の長さの比で書きます。1画目の点の終点と2画目の折り返し点と3画目の終点、下辺の三折の線の最初の折り目が1直線上に並びます。つくりの位置を確認してください。

2,3画目の複雑な折れ曲がり線は1本の曲線で書きます。三折の線は曲線で書きます。

そうにょう

2画目の縦線は1画目の横線の右から3分の1のところを通過します。3画目の横線は左へ長く書いてください。下辺は三折の線の最初のパーツがないものです。そうにょうは他のにょうと違って、つくりよりも先に書きます。

3画目の横線の終点から4,5,6画がつながっています。方向を変えるときはきちんと折ります。1画目の横線と続けた4,5,6画目の幅をそろえます。