漢字(楷書)メニュー
楷書の線
楷書のパーツ
楷書のパーツ組み立て
組み立て方のパターン
漢字(行書)
部首別に書くメニュー
へんの書き方(1)
へんの書き方(2)
へんの書き方(3)
かんむり・かしらの書き方
たれの書き方
かまえの書き方
あし・にょうの書き方
つくりの書き方
へんの書き方(2)
※各へんの上の行が楷書、下の行が行書です。
くるまへん

縦線は横線の右から3分の1のところで交わる。下の横線は左に長く伸ばすと、バランスがいい。

「田」の左上はよく開ける。「田」の最後の横線と次の長い横線を続けてもよい。きちんと折る。

こめへん

「田」の左上はよく開ける。「田」の最後の横線と次の長い横線を続けてもよい。きちんと折る。

左上の点の周りはよく開ける。下の部分は「きへん」の要領で。

ころもへん

点の周りはよく開ける。2画目「フ」の左払いの中央から縦線を出す。4画目は左下への短い払い、5画目は右下へのとめ。いずれも45°で。

点の周りはよく開ける。2画目はなだらかに曲げ、最後ははねてもとめてもよい。3画目は「きへん」の3画目の要領で。

しめすへん

基本的に「ころもへん」と同じ。左下への短い払いがないだけ。


行書においては、「ころもへん」と「しめすへん」の区別はない。この形は書きやすく、こればかり書いていると、「しめすへん」だったか、「ころもへん」だったか分からなくなることも...。

ごんべん

右端を揃える。点は45°。点の周り、横線の間、「口」の中の空間が等しく開いているように見せる。※の横線は左へ長く伸ばすとバランスがよい。

行書独特の形で、簡単で書きやすい。※の横線は左へ長く。あとは左へふくらむ縦線、右上へはね上げるだけ。

さんずい

2つの点は45°に。最初の点の始点と2つ目の点の終点がほぼ同じ垂直線上にある。3画目は最初の点の幅と同じ幅を使ってはね上げる。 2つ目の点と3画目のはねの間の空間は、最初の2つの点の間の空間のおよそ2倍。

2画目の点と3画目のはねを一息に書く。前半は左にふくらむ曲線。2筆目の始点は点の中央の真下。

しょくへん

1,2画目は45°に、2画目はとめる。点の上下の空間が等しく見えるように。縦線から右上へは45°、最後の点も45°。

 

点の周りはよく開ける。きちんと折る。

しょうへん

筆順に注意。1画目は縦線。点と右上へのはねは縦線の中央を目指して。点の周りはよく開ける。

点とはねを一息に書く。きちんと折って。2画目から3画目へ移るときの線は左へふくらむ曲線。

たへん

単独で書くときよりも、少し縦長にする。右側に来るつくりよりも縦に短く書く。


左上はよく開ける。最後の2本の横線をつなげてもよい。きちんと折る。

たつへん

1画目、3画目の点は45°に。周りはよく開ける。※の右上への払いは左へ長く伸ばすとバランスがよい。

2画目の横線から、続く点と左への払いを一息に書く。ただし、方向を変えるときにはきちんと折る。

たまへん

2画目の縦線は横線の右端から3分の1のところから出る。○は等しく開いているように見せる。※印の右上への払いは左へ長く伸ばすとバランスがよい。

1画目から最後まで一筆書きのように一息で書いてもよい。ただし、きちんと折ること。

つきへん

縦線は少し反らし加減で。○は等しく開いているように見せる。払いの縦線とはねの縦線の下は揃える。

左上はよく開ける。2画目はなだらかに曲げる。横線2本は続けてもよい。前半は右下へ45°、後半は右上へ45°ではね上げる。 線の向きが変わるので注意。

つちへん

縦線は横線の右端から3分の1のところで交わるように。3画目は左へ長く伸ばすとバランスがよい。全体に、右側に来るつくりに比べて縦に短い形。

2画目の縦線と3画目の右上への払いを続ける。縦線は左へふくらむ曲線。