漢字(楷書)メニュー
楷書の線
楷書のパーツ
楷書のパーツ組み立て
組み立て方のパターン
漢字(行書)
部首別に書くメニュー
へんの書き方(1)
へんの書き方(2)
へんの書き方(3)
かんむり・かしらの書き方
たれの書き方
かまえの書き方
あし・にょうの書き方
つくりの書き方
へんの書き方(3)
※各へんの上の行が楷書、下の行が行書です。
つのへん

2画目の「フ」の始点は1画目の払いの上から3分の1のところから出る。○は等しく開いているように見せる。払いとはねの縦線の下は揃える。

1,2画目を続ける。左上はよく開ける。最後の横線2本は続けてもよいが、しっかり折る

てへん

縦線は横線の右端から3分の1のところで交わるように。縦線の払いは45°左上へ。その線上かやや内側から3画目を始める。 3画目は縦線の上から3(下から7)のところで交わる。

縦線の払いから3画目を続けてもよい。方向を変えるときにはしっかり折る。右上への払いはやや下へ反らせる。

とりへん

○が等しく開いているように見せる。



左上をよく開ける。縦の曲げと次の横線をつなげてもよい。しっかり折る。

にんべん

1画目は45°で左下へ。その中央から縦線が出る。1画目と2画目はほぼ同じ長さ。


1、2画目ともつつむような曲線。1画目と2画目の間はよく開ける。2画目は短めに。

のぎへん

1画目は寝かせ気味に払う。その下は「きへん」の要領で。横線を左に長く伸ばすとバランスがよい。

 

1画目はどんなことがあっても、左へはらい、右下へ向かうことはない。2画目以降は「きへん」と同じ。

はばへん

2画目は折った後、7:3の曲線で。縦線の左の空間は大きく、右は小さくする。



左上はよく開ける。2画目は横線から縦線に移るときにきちんと折る。

ひへん

1画目は左下への斜めの短い線。2画目は1画目の始点から水平線上に。3画目の縦払いは2画目の始点に接する。

 

行書独特の形。1,2画目は続けて書く。縦線は左下へ斜めに、そこで方向を変えて、右斜め下へ45°で短く、再び方向を変えて、 左にふくらむ曲線、最後は右上へはね上げる。方向を変えるときはしっかり折る。

ふねへん

左払いの縦線とはねの縦線の下は揃える。最後の右上への払いは、左払いの縦線のほぼ中央とはねの縦線の上から3(下から7)のあたりを通過するように。

左上はよく開ける。真ん中の点と縦線はつなげて1本の線としてよい。

ほうへん

点の周りはよく開ける。筆順に注意。最後の画は左払い。3画目は7:3の曲線、はねは45°で。最後の左払いの終点が 3画目のはねの延長線上に来るように。

最後の画が左払い、という筆順を守らないと、行書はこういう形にはならない。しっかり折ること。

みみへん

○が等しく開いているように見せる。※の右上への払いは左に長く伸ばすとバランスがよい。


1,2画目を続けてもよい。2画目は左へふくらむ曲線。横線を続けるのは最後の2本ぐらいにしないとうるさく感じる。

めへん

○が等しく開いているように見せる。右側に来るつくりよりも縦に短い形になる。



左上はよく開ける。2画目はなだらかに曲げる。横線は最後の2本を続けて、最後を右上にはね上げるとつくりが書きやすい。 横線の向きが右下に変化することもある。

むしへん

「口」は平べったく書き、縦線はその右端から3分の1のところで交わる。最後の点は45°に。

「口」の左上はよく開ける。2画目と3画目の横線を続けてもよい。縦線と右上への払いを続け、さらに点も続けてもよい。しっかり折ること。

りっしんべん

筆順に注意。縦線は最後。1,2画目は「ひへん」の1,2画目の要領で。



1,2画目を続ける。