漢字(楷書)メニュー
楷書の線
楷書のパーツ
楷書のパーツ組み立て
組み立て方のパターン
漢字(行書)
部首別に書くメニュー
へんの書き方(1)
へんの書き方(2)
へんの書き方(3)
かんむり・かしらの書き方
たれの書き方
かまえの書き方
あし・にょうの書き方
つくりの書き方
かまえの書き方
字のまわりをぐるりと囲んでいるものを「かまえ」と呼びます。「はこがまえ」のような上下、 左を囲むかまえは、新字体制定以前には左縦線から下横線へ角立てて移る「はこがまえ」と左縦線から下横線へ曲線を描いて移る 「かくしがまえ」と別々の部首でしたが、現在は同じ部首として統一されています。「けいがまえ」は「同」 についているかまえなので「どうがまえ」とも呼ばれます。「ゆきがまえ」は現在は 独立した部首とは数えられず、左に「ぎょうにんべん」がついている字として扱われています。
※各部首の上の行が楷書、下の行が行書です。
きがまえ

短く左への払いの3分の1下から横線を書く。上から2本の横線は同じ長さ。3本目は左へ長く、 右端は上の2本の端とそろえる。「そり」は縦に7、45度に3。はねは垂直に真上へ。

払いと最初の横線、2本目の横線と3本目の横線の始まりをそれぞれ続ける。 これらを全部つなげて書いても良い。ただし、いずれの場合にも、方向を変える時はきちんとカクッと折ること。

くにがまえ

1画目と2画目を書いて左右、上を囲んだところで、中を書き、最後に下を閉じる。左右の縦線は平行。下の横線は短いが、 この場合のように四角いものを閉じるような横線は短くても上方向へふくらむような曲線にする。

1画目の始点と2画目の始点の間は、それらを結ぶと45度の斜線が引けるようにあける。 2画目の角は丸く曲線にし、縦線も いくぶん左方向へふくらむような、反った線にする。 3画目の閉じる横線は左右の端ともあきをつくって風通し良くする。

けいがまえ

左右の縦線は平行。右の縦線ははねる分、左の縦線よりも少し長めに書く。はねは45度の角度で。



「くにがまえ」と同じ要領で、1画目と2画目の間をあける。 2画目の角は丸く、曲線に

つつみがまえ

左へ短く払い、その払いの下から3分の1のところから2画目を書き出す。角をきちんと折り、 7:3の曲線を書き、45度ではねる。


1画目の払いと2画目を続けて書く。ただし、方向を変える時にはきちんと角立てて折る。

はこがまえ

1画目は横線。その後、かまえの中を書き、最後に左縦線、下横線で囲む。下横線は「くにがまえ」の 閉じる横線と同じように、かまえを閉じる横線なので上方向へふくらませた曲線にする。

1画目の始点と2画目の始点の間はよくあけて、風通しよくする。左下の角は丸く曲線にしてもよい。角立ててもよい。

もんがまえ

左右の縦線は平行。縦線の上についている「日」は左右とも同じぐらいの大きさにし、その間の幅も「日」と同じ程度とする。「日」の真ん中の横線の上と下のあきは同じに見えるようにする。右の縦線ははねる分、左の縦線よりも長めに書く。

左の縦線は短めに下のほうへ下に向かって広がるように書く。2画目は45度の斜め線(点)。その斜め線(点)を中心にして 左右にさらに短めの45度の線があり、左の線の終点と右の線の始点が曲線で結ばれているイメージで、左からうねうねと書いていく。 さらに右の斜め線の終点から「けいがまえ」の2画目の横線の後半が始まる。

ゆきがまえ

「行」の真ん中に別のつくりが入ってくるかまえ。単独で「行」と書くときよりも、右部分は下へずらす。 「ぎょうにんべん」の書き方はこちらを参考に

左の「ぎょうにんべん」、右部分とも、最初の2画をつなげるとよい。ただし、方向を変える時はきちんと角立てて折る。 右下端は斜め下45度へはらうと、縦書きの時には、下の字へ移りやすい。左上45度へはねてもよい。