漢字(楷書)メニュー
楷書の線
楷書のパーツ
楷書のパーツ組み立て
組み立て方のパターン
漢字(行書)
部首別に書くメニュー
へんの書き方(1)
へんの書き方(2)
へんの書き方(3)
かんむり・かしらの書き方
たれの書き方
かまえの書き方
あし・にょうの書き方
つくりの書き方
たれの書き方
字の上と左側を囲んでいるものを 「たれ」と呼びます。左側に垂れている部分は字全体の下端に届くほど長くは書きません。 上にかぶさる部分は楷書では中心線から左右対称 ですが、 行書になると字の中心線までか、中心線より右側に出ても少しだけで、左側が長く、右側が短くなります。
※各部首の上の行が楷書、下の行が行書です。
がんだれ

2画目のたれは直線7、45°のはらいを3。1画目と2画目の交点はから 1画目の横線がほんの少し左に出るように。

 

 

1画目と2画目を続けて書く。方向を変えるときには、、きちんと折る。横線は短くなり、字の縦中心線に届くぐらい。 1画目と2画目を続けずに、離して書いてもよい。そのときには1画目と2画目の間を十分あける。

しかばね

1画目、方向を変えるときにはきちんと折り、続く縦線は70°〜75°の角度で内側に入る。 左側の垂れは直線7、はらいを3。「がんだれ」の2画目の要領で。

1、2画目は口の2,3画目の要領で一気に続けて書く。方向を変えるときにはきちんと折る。 左の垂れは直線7、はらいを3。「がんだれ」の2画目の要領で。上の部分とはくっつかないように、よくあける。

とだれ

45°に点を打ち、その真下に「しかばね」を書く。点の下はよくあける。


点の下をよくあけ、その下に「しかばね」を書く。

まだれ

45°に点をうち、その下をよくあけ、「がんだれ」を書く。




点の下をよくあけ、その下に「がんだれ」を書く。点は字の縦中心線上にあるが、「がんだれ」の横線は短くなり、縦中心線に届くぐらい。 横線と左の垂れを離して書いてもよい。

やまいだれ

「まだれ」の左の垂れの上から2分の1のところあたりを狙って、45°に点を打ち、さらに下から45°の角度ではね上げる。 点のまわりはよくあけ、はね上げた先は垂れに接してよい。

「まだれ」の左の垂れの横につく、点とはね上げを続けて書くと楽。45°の点を書いた後、はね上げを始める位置までの空画を実線で書いてしまう。方向を変えるときには、カクカクときちんと折ること。