漢字(楷書)メニュー
楷書の線
楷書のパーツ
楷書のパーツ組み立て
組み立て方のパターン
漢字(行書)
部首別に書くメニュー
へんの書き方(1)
へんの書き方(2)
へんの書き方(3)
かんむり・かしらの書き方
たれの書き方
かまえの書き方
あし・にょうの書き方
つくりの書き方
つくりの書き方
字の右側にあるものを「つくり」といいます。左側にある部分との位置関係をよく見てください。
※各部首の上の行が楷書、下の行が行書です。
ぼくづくり

1画目の左ばらいの下から3分の1のところから横線を出します。その横線の真ん中から7:3の左ばらい。右ばらいは1画目のはらいや横線にくっつけない。左側にある部分より上下とも少し小さめに書きます。

1画目のはらいと2画目の横線を続けます。3画目の左ばらいは横線と離して。

るまた

上部の「ル」の右側は浮鵞線。2箇所できちんと折ります。はねは真上へ。「又」の2画目は横線と離します。

「ル」の1画目の始点と2画目の始点を結ぶ線が45度になるように開けます。「ル」の終筆と「又」の始筆とをつなげます。

おのづくり

1画目の左ばらいにくっつけて、さらに7:3の左ばらい。横線の真ん中から縦線を出し、スーッと抜きます。

2画目と3画目の横線を続けます。4画目の縦線は横線と離し、最後は緩やかに左方向へ抜きます。

ふしづくり

1画目の折れた後の縦線は7:3で曲げ、45度にはねます。字の左側にくる部分よりも下へずらして書きます。

 

1画目の横線から縦線に方向を変える時はきちんと折ります。2画目の縦線はやや左方向へスーッと抜きます。

おおざと

1画目の折れと2画目の下方の最大にふくらんだ部分は垂直線上に。2画目の下方の部分は短いですが直線です。

楷書のときと同様、2画目の下方の部分は直線です。縦線の始点は横線と離して。縦線はやや左方向へ抜きます。

りっとう

2画目はきちんと折って、45度にはねます。




2画目は折った後、左下方へはらいます。

ほこづくり

2画目はきれいに曲げます。点はつくり全体の右上方45度の位置へ打ちます。



左へのはらいと点ははらった後に点を打つ場合と点を打った後はらう場合があります。最後に点を打つ場合は、はらいの最後が点に向かって上方に向かいます。最後にはらう場合は点とはらいの始筆をつなげて書いてもかまいません。

おおがい

「目」の中の横線で区切られた空間は同じ大きさに見えるように書きます。左ばらいと右のとめの始点は「目」の下の横線にきちんとつけます。

1画目の横線と2画目の左ばらいをつなげます。「目」の左上部は45度の線が引けるように開けます。「目」の中の2本目の横線と最後の閉じる横線と左ばらいをつなげます。最後の横線は左に長くなっています。方向を変える時はきちんと折ります。

さんづくり

1画目は短く寝かせ、2画目は45度に、3画目は7:3にはらいます。3本のはらいはそれぞれ角度が異なるので、始点の間の空間と終筆の間の空間が違ってきます。

2画目の終筆と3画目の始筆を続けます。方向が変わる時にはきちんと折ります。

ふでづくり

横線の間の空間は同じにあいて見えるように書きます。3画目の横線と4画目の横線は同じ長さにそろえます。


4画目と5画目の横線を続けます。縦線はやや左へ向かってスーッと抜きます。続けすぎないように注意。

ふるとり

1画目の左ばらいの下から3分の1のところから縦線が出ます。4画目の横線は左ばらいと縦線の交点よりやや下がったところから出ます。真ん中の2本の横線は一番上の横線よりやや短く、一番下の横線はやや長くし、やや上にふくらんでいます。

左ばらい、縦線、横線までを一気に書きます。ただし方向が変わる時にはきちんと折ります。3筆目の縦線はやや右方向へふくらませます。最後の2本の横線を続けます。