ひらがなについて
楷書用ひらがなメニュー
つちらるろわや
よまはほねぬな
のめあおゆ
しもひれえん
うみにいくとてかけさす
こせたふへをそりきむ
濁点・半濁点
行書用ひらがなメニュー
楷書用から行書用への変化
ひらがなの連綿
ひらがな

私達が日常書く文章は、およそ7割がひらがなだと言われています。ですからまず、ひらがなのおけいこをして、きれいに書けるようになれば、全体の印象も格段に違ってくるはずです。

※画像をクリックすると新しいウィンドウが
開いて大きな画像で見られます。
ひらがなの線

ひらがなはどんな書きぶりであっても、ほとんど(97パーセントぐらい)が曲線で構成されています。ペンを動かす練習を兼ねて、ひらがなの基本となる線を書いて見ましょう。

ひらがなの線

ペンを軽く持って、決してぎゅっと打ち付けたりせず、スーッと書き始めて、スーッとペンを抜きましょう。

ひらがなの2種類の書体

漢字に楷書や行書の違いがあったり、縦書きと横書きで書きぶりを変えたりするように、ひらがなにも漢字の楷書にあう書きぶり、行書にあう書きぶり、横書きするのに適切な書きぶりなどがあります。

五十音を一文字ずつ使って作った歌は「いろはにほへと...」がゆうめいですが、この「とりなくこゑす...」も同じように五十音を一文字ずつ使って作られています。「あいうえおかきくけこ...」と五十音順におけいこするより、意味を持った歌になっていた方が何度書いても飽きませんよ。

楷書に合う形のひらがな手本

楷書に合う形のひらがな
各文字の
詳しい説明

行書に合う形のひらがな手本

行書に合う形のひらがな
各文字の
詳しい説明

連綿

ひらがなの大きさ

ひらがなには大きく書く字、中ぐらいに書く字、小さく書く字の3種類があります。大きさを書き分けることによって、ダイナミックな動きがでてきます。

中ぐらいの大きさの字はその時々に応じて、小さく書いたり、大きく書いたりしてもかまいませんが、大の字が小さくなったり、小の字が大きくなったりはしません。

楷書に合う形のひらがなの大きさ

楷書に合う形のひらがなの大きさ

行書に合う形のひらがなの大きさ

行書に合う形のひらがなの大きさ

ひらがなの外形

ひらがなには、それぞれ特徴的な形があります。代表的な形が、縦長、横広、真四角です。こうした形を書き分けることで、 並べた文字に表情が生まれます。

ひらがなの外形