漢字(楷書)メニュー
楷書の線
楷書のパーツ
楷書のパーツ組み立て
組み立て方のパターン
漢字(行書)
部首別に書くメニュー
へんの書き方(1)
へんの書き方(2)
へんの書き方(3)
かんむり・かしらの書き方
たれの書き方
かまえの書き方
あし・にょうの書き方
つくりの書き方
楷書のパーツを組み立てる
※画像をクリックすると新しいウィンドウが開いて大きな画像が見られます。
つけるべき線はきちんとつける
横線の右肩上がりの角度をそろえる
交差する線は交差点からそれぞれはっきり出す
パーツの組み立て 交差する線
点は長い線の一部を切り取ったものと思ってしっかり書く 点のまわりはよくあけて、風通しよくする
パーツの組み立て 点のまわり
空間は等しくあいているように見せる
パーツの組み立て 等しい空間
画数の多い字は大きく、少ない字は小さく書く。ただし 四角く囲った字は画数が多くても小さめに書く
パーツの組み立て 画数による大きさ
リーダーラインを見つける
パーツの組み立て リーダーライン

ひとつの字の中には、1ヶ所リーダーラインと呼ばれる線があります。これを はっきりと長く書くと、安定してメリハリのきいた字になります。

リーダーラインになるのは、主に、(1)はらう線、(2)左右にながくのびる直線、(3)左右にストッパーのついた横線(わかんむり、うかんむりなど)、(4)浮鵞線、などです。

線と線はそれぞれ関係付けて書く

複合体のへんとつくりの横方向への関係付け、単独体の縦方向への関係付けなど、線同士はバラバラに書かれているのではなく、お互いに関係付けられています。